血圧を下げるために血圧下げる薬と禁忌の食べ合わせ

高血圧と診断されると、塩分の少ない食生活をするように指示されるほか、血圧下げる薬を処方されることがあります。この様な薬と一緒に摂取してはいけない禁忌の食べ合わせがあります。例えばミカルディスのようなアンジオテンシン受容体拮抗薬には血圧下げる薬には水分とナトリウムを尿と一緒に排出されるような働きがあります。そのため減塩された食生活をしながら一緒に摂取すると、身体から水分と塩分が排出されすぎて、逆に血圧が低くなり過ぎる可能性もあります。かといって薬を飲んでいるからといって塩分の濃い食生活をしても良いというわけではないので気を付けましょう。またカルシウム拮抗薬という成分が含まれる血圧下げる薬があります。これはグレープフルーツの成分であるナリジンと反応することで効果が増し、一緒に摂取すると血圧が下がりすぎてしまいます。他にもはっさくなどのミカン科の植物の果実に含まれるので、注意が必要です。塩酸ベラパミルという成分が含まれる場合は、カフェインと相性が悪いので、コーヒーやお茶などと一緒に飲まないで下さい。同様に相性が悪い成分として亜鉛も挙げられるので、亜鉛の多い牡蠣やウナギなどの摂り過ぎには注意して下さい。特に相性が悪いものと一緒に摂取すると、副作用が出る可能性があります。メチルドパという成分が含まれる場合は、卵や大豆、肉類を食べた後には効果が薄れてしまうので、服用する場合はタイミングに気を付けましょう。この様に血圧を下げる薬には禁忌の食材や食べ方がいくつかります。そのため注意が必要ですが、素人からでは判断がしずらい部分が多いです。そのため血圧を下げる薬を処方してもらう際には医者や薬剤師に禁忌の食材や食べ方をしっかりと指導してもらうことが重要です。