近藤医院での血圧コントロールと素粒水

近藤医院で血圧のコントロールをする場合には一般的に行われているように軽い有酸素運動をしたり、食事制限を行います。血圧をコントロールするためには体重を減らすことが非常に重要で、体の大きさが小さくなるだけで血液を循環させるための負担が減るので、高血圧の場合には近藤医院などで指導を受けてダイエットを行います。ダイエットは自分でするとリバウンドなどをしやすいので医師や薬剤師の管理のもとで行うのが一番効率のよい方法で、近藤医院では医師や栄養士が中心となって血圧のコントロールを行います。素粒水は安心して飲むことのできる水ですが、野菜や果物、肉類などを浸けておくだけで発酵させることができるので様々な用途で使用することができます。この他にも素粒水は浸透力が強いのでしおれてしまった野菜に素粒水を吹き付けるだけで野菜を元気にすることができます。また4年間常温で保存をしても腐敗しないので災害用の水として利用することができたり、生活排水によって汚れてしまった池などに素粒水を混ぜることで環境を改善することもできます。血圧のコントロールは水分を積極的に摂取すると脳梗塞などのリスクを下げることができるので、夏場などの暑い時期には積極的に水分補給をして血栓などができにくい環境を作ることが大切です。また血圧のコントロールでは塩分の管理も必要になるのですが、塩分の量を調節するのは難しいので、塩辛いものを食べないようにしたり、漬物を減らすだけでもかなり減らすことができます。脳卒中などのリスクを高める要因として喫煙がありますが、タバコを吸うと血管の収縮が起きるので血栓などが詰まりやすくなるので、血圧が高いと判定された人は禁煙をすることで健康リスクを低くすることができます。